母上の母上について

母上の母上とゆっくりお話をしました。
(先月にも会っているのですが、それはそれ。)

今回、母上の母上はお兄さんのお見舞いでした。
久しぶりにお兄さんにあったせいか、昔のことをいろいろと話してくれました。
実家が機屋だったこと、小さい頃から自分も機織りしていたこと。
お父さんが小さい頃になくなって、機屋も閉めることになったけれど
お母さん一人で6人兄弟を育ててくれたこと。
そして戦争のこと。

戦争の前後で家族や周囲の人がいろいろな人生を歩き始めたこと。

それらを見て体験してきた上で母上の母上は言いました
「人間は働かなきゃダメなのよ。何でもいいから、一生懸命働くこと。」
「周囲の人をよく見るの。その中で自分がどういう人間なのか、たまに振り返りなさい。」
「何でも食べなさい。疲れてても具合悪くても食べれいれば、食べられれば大丈夫」

80数年の重みのある言葉でした。胸に刻んでおこう!と思います。

が、必ずオチをつけるのも母上の母上たるゆえん。
感動的なお話にしんみりしていた母上に・・・
「だから、一生懸命働いて動いていたら、いくら食べたって太らないのよ!○○(母上の名前)」
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-20 21:44 | 今日の母上
<< 「トルコで私も考えた」 母上の母上とナナさん >>