ナナさんは男らしいそうです。

今朝は久々のナナさん便によって起こされました・・・。
ナナさんの首輪に結ばれたお手紙には
「腰をやってしまいました・・・母」

腰!ぎっくり腰再びでした・・・明日のドッグランは絶望です・・・

それはともかく、ナナさんの朝のお散歩へ。

最近のナナさんはトイレの小をなさるときに、後ろ足を上げるようになってきております・・・
今日もさりげに後ろ足上げ体制で用を足していらっしゃいました。

そこへ声をかけてきたのが小学校低学年の男の子。
「その犬、噛みますか?」
ナナさんへ熱い視線をおくりながらのご質問。
もちろん、噛みませんよとお答えしますと、

「触っても大丈夫ですか?」
お目目を輝かせながらのご質問。
もちろん、どうぞ。でもナナさん小さい子が苦手なので胴の方を触ってねとお答え。

ニコニコとこちらも嬉しくなるぐらいの満面の笑顔でナナさんをナデナデし始めました。
「この犬はオス?」

ごめんね。メスです。
「さっき、足上げてトイレしてたのに?」

最近そういう風にし始めてしまったのよ・・・
「そうか~。やっぱり、男のトイレのやり方の方が気持ちいいんだよね!」

そうなんですか。私はその辺、よくわかりませんが・・・
「お父さんも、外で立ち○ョンすると男に生まれて良かったと思うって言ってたよ!」

それは賛否両論ありそうですが、お母さんは怒らないかな~?
「うん、お母さんに言うと、フーフゲンカが始まるから、男と男の秘密なんだよ!」

秘密なのに、ばらしていますね~。
そんな会話をしながらも、ず~っとナナさんをナデナデしていた少年は
「またね~」
と元気よく挨拶して去っていきました。

ナナさん、偉かったね。
[PR]
by monnana2003 | 2005-09-10 09:50 | 愛犬ナナ
<< どうやって病院に行っていただく... お気に入りのジャム >>