バッドタイミング!

それは不運な出来事でした。

朝早く起きる用事があった母上。
午後になると睡魔に勝てず、転寝をなさっていました。

母上の足のほうでは、
ナナさんもお昼寝中でした。

ふと物音がしたのかなにか
ナナさんが立ち上がって、母上の頭の方へ移動し始めました。

そして、
ナナさんが
母上の肩の横あたりを通ったとき、

ナナさん母上からパンチされました
下から鋭く顎をえぐるかのようなパンチでした。

おびえるナナさん。
私に「私何かした?悪いことした?何がおきたの?」と
一生懸命訴えるナナさん。

母上は・・・
ナナさんにパンチしたことにも気がつかず、
寝返りをうって熟睡・・・

そう、母上が寝返りをうつ瞬間に居合わせたナナさん。
母上が上げた腕にモロ、ぶつかってしまったようです。

母上は全く覚えていない出来事。
ナナさんはしっかり覚えていて
その日、一日母上が何を言っても近づきませんでした。
その日、一日母上がご機嫌をとっても上目遣いをやめませんでした。

d0021639_2332309.jpg

普段はこんな感じでなかよく昼寝しているのにね。
[PR]
by monnana2003 | 2006-04-02 23:32 | 愛犬ナナ
<< 強風です。 退屈らしい・・・ >>