2005年 08月 01日 ( 1 )

現代文なのに・・・

夏期講習真っ盛りでございます。
現代文の授業も日々行っておりますが、
現代文の授業、何故か本文の意図・主張を理解してもらおうとすればするほど、
文化やら地理やらの話になっていきまする。

先日の授業では「日本論」
日本は島国であるゆえに、独自の文化を形成したという定番のものですが、
その中に
「対馬と九州の間には玄海灘があっても交流があったとし、対馬と朝鮮半島の間には交流がなかったするのは、不可思議な理論だ・・・」というのがあったのですが、
生徒さんのノリが悪い。
なにがいいたいの~といった顔をしていらっしゃる。

おそるおそるたずねてみる。
「対馬は、どこにあるか知っているよね・・・?」
「「「知らない~」」」
の大合唱♪

ここから、突如、地理のお時間になりました。
佐渡は?淡路島は?四国の4つの県名は?と確認していきますと・・・

「樺太って日本じゃないの?」だの
「台湾て朝鮮半島の上にあるんじゃないの?」だの

現代文が苦手な生徒さんが増えている原因の一つとして、
常識の欠如をあげたい・・・。
でてくる言葉、例として挙げられている事項がなんだか分からなければ、
文章の内容も理解できにくいようです・・・。
[PR]
by monnana2003 | 2005-08-01 08:33 | 塾講師のあれこれ