<   2005年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

朝は忙しいのですが。。。。

ナナさんの朝の散歩コースには田んぼがたくさんあります。
この辺りでは麦もやっています。
今の時期は麦を刈り取って田んぼへ移行していく時期です。
毎朝、見るたびに田んぼの様子が変わって行きます。

ナナさんもその変化が面白いのでしょうか。
麦を刈っているところでじ~っと見つめ
土を耕しているところでじ~っと見つめ
水を入れ始めたところでじ~っと見つめ

一つ一つじ~っと見つめているのです。
その姿は確かにかわいい。
癒されるものもあります。

が、朝は忙しいのです
お願いだからフセまでして見つめていないでください。
キビキビ歩いてくださいよ~。

ちなみに、去年は合鴨農法を実践している田んぼでの前で
座り込むこと20分・・・・
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-23 22:31 | 愛犬ナナ

甘い~甘い~

母上の母上が持ってきてくれたお土産。
久しぶりに我が家へ来たせいか、はりきってたくさん持ってきてくれました。

その1)上生和菓子6個・・・・・・・どれも涼しそうな模様・形で美味しかったです。
その2)ヨックモックのクッキー・・私が好きなクッキーでした。うれしかった~。
その3)鶴屋吉信の京観世と夏小袖・・・母上の好きなお店です。
      今回の夏小袖は初めてでしたが、とても涼しげでよかったです。

が、ここで問題が・・・賞味期限で上記のお土産を並べ替えますと
その1→その3→その2となります。

したがいまして、
日曜日から毎日あんこ責め尽くし・・・

ダイエットへの道がまた遠のいていきまする・・・
でも、食べる(笑)
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-22 23:24 | いろいろ

本日の爆笑誤答 part6

おひさしぶりの誤答。

【国語】
次の漢字の太線が何画目か答えなさい。(太線表示は省略してます)
 ・飛               →12画目
                    (よ~くご覧ください。この字は総画9画です。
                     12画目ってどこにかけるのでしょうか~)

次の古語の意味を書きなさい
 ・あさまし            →浅間市
                     (浅間山は確かにありますね。
                      去年噴火しましたね。だからって何で・・・)

【社会】問題というより、何気ない会話でした・・・
A君「俺、来週修学旅行だから休みます」
講師「いいね~どこ行くの?」
A君「ニュージーランドです」
講師「おお、いいところだね~。どこにあるかちゃんと知っているよね?」
A君「もちろんですよ、アメリカの下でしょう」

こんなんで修学旅行行って意味があるのでしょうか・・・。
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-22 07:07 | 塾講師のあれこれ

「トルコで私も考えた」

「トルコで私も考えた」(高橋由佳里)

トルコに魅せられてトルコに長期滞在して、
ついにはトルコの方と結婚してしまった漫画家さんのエッセイ漫画です。

トルコの日常やイスラム教の日常がよく分かります。
イスラム教というと戒律の厳しいイメージがありましたが、
この本を読むと、緩やかな戒律の日常がよく分かります。

また、登場するだんなさんの親戚がみんなステキです。
暖かくて大らかで、魅力的。

ステキな家族だな~と思って読み始めてウン年。
1回に2~3ページの連載をまとめているので本になるのに時間がかかりますが、
いつのまにやら4巻まで出ています。
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-21 06:49 | 今日の読書

母上の母上について

母上の母上とゆっくりお話をしました。
(先月にも会っているのですが、それはそれ。)

今回、母上の母上はお兄さんのお見舞いでした。
久しぶりにお兄さんにあったせいか、昔のことをいろいろと話してくれました。
実家が機屋だったこと、小さい頃から自分も機織りしていたこと。
お父さんが小さい頃になくなって、機屋も閉めることになったけれど
お母さん一人で6人兄弟を育ててくれたこと。
そして戦争のこと。

戦争の前後で家族や周囲の人がいろいろな人生を歩き始めたこと。

それらを見て体験してきた上で母上の母上は言いました
「人間は働かなきゃダメなのよ。何でもいいから、一生懸命働くこと。」
「周囲の人をよく見るの。その中で自分がどういう人間なのか、たまに振り返りなさい。」
「何でも食べなさい。疲れてても具合悪くても食べれいれば、食べられれば大丈夫」

80数年の重みのある言葉でした。胸に刻んでおこう!と思います。

が、必ずオチをつけるのも母上の母上たるゆえん。
感動的なお話にしんみりしていた母上に・・・
「だから、一生懸命働いて動いていたら、いくら食べたって太らないのよ!○○(母上の名前)」
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-20 21:44 | 今日の母上

母上の母上とナナさん

母上の母上がご帰宅されました。
ナナさん、寂しそうです。
d0021639_1424477.jpg
というのも、ナナさんと母上の母上、初対面から意気投合しておりました。
母上の母上がおいで~と呼べば、ナナさん飛んでいき、
ナナさんが遊んで~と行けば、母上の母上いそいそと遊んであげます。
母上の母上がトイレにたてば、ナナさんエスコートして
ナナさんが昼寝すれば、母上の母上なでなでしています。

そんな仲良しになっていましたので
母上の母上「ナナさん、あんたウチに遊びにいらっしゃい。おかあさん、おいてきていいから」
母上「一匹でいけないわよ」
母上の母上「じゃあ、あんたウチまで連れてきてよ。で、また迎えにきなさいよ」
母上「・・・娘と犬とどっちがかわいいのよ~」

母上、それ、いつもの私のせりふです。
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-20 14:25 | 愛犬ナナ

元祖び~っ

母上の母上、到着。

いろいろ積もる話などしておりまする。
で、母上の母上。
とにかく「人間、趣味をもたなくてはダメ!動いてなくてはダメ!」な方です。
ご自身がお若いころは旅行に観劇にとお仕事のかたわら飛び交っていたようです。

で、こちらにも当然要求してくるわけです。
「アンタたちは最近、何をやっているの?」
母上「・・・・散歩。」
母上の母上「それは趣味じゃないでしょ!犬の世話でしょ!もっと人様に趣味といえるものにしなさい!!」
母上が撃沈しておりました・・・

ワタクシ「編み物とか~パソコンとか~旅行・・・」
母上の母上「手を動かすのは、いいわよ。何編んでるの?」
おそるおそる先日のコースターと編みかけのものをだす。
母上の母上「なかなか綺麗に出来ているじゃない。いいことよ~」
ほっと一安心・・・・は早かった
母上の母上「あ、一目ずれてるじゃない。直さないとね」
び~っ
でました、元祖び~っ。

せっかく編んだのに~。三段もほどかれた~。
老眼だの何だのといいながらも、どうしてそんなに目ざといのですが、おばあ様~。
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-19 10:36 | 今日の母上

嵐の予感・・・(笑)

一本の電話から始まりました。
「明日からそっちに行くからよろしくね~」
母上「来なくていいわよっ(泣)」

母上の母上が本日お見えになりまする。
母上の母上、つまり私の祖母なのですが、やはり「母上の母上」といった方が
よく伝わるお人柄の現在84才。
本日来て、明日は知人のお見舞いに行って明後日お帰りになるとか。
もちろん、お帰りの際は、家まで送らせていただきまする。
が、ウチにいらっしゃる間、そのパワーが誰にむかうのか・・・

ナナさん、頼んだっ!!
そして浴衣作成への道はまた遠のくのであった・・・・
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-18 10:38 | いろいろ

こんなものをつくってみました。

昨日の朝、ブログを見ようとしたら見られませんでした。
昨日の夜、ブログを見ようとしたらまた見られませんでした。

手持ち無沙汰・・・
何か手作業したいな~と思っても浴衣はまだ道具がそろわない・・・

ひさしぶりにやるかな~と思って
編み物してみました。
d0021639_13174784.jpgコースタもどきと
おそろいの何か。
何か、というあたりに計画性のなさが・・・・
何か、の方はまだ半分ぐらいなので、もうちょっと編みます。
で、ふち飾りをビラビラ~につけてみようかなと思います。


できあがったコースターを母上に見せていたら、
突如として現れた黒い影が
ガブっと一かみして去っていきました・・・

ナナさんっ!!!
何故、一かみ・・・。かんで持っていくならまだ分かります。
噛んで、放して、去っていくって、そんなにマズイですか、このコースター・・・
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-17 13:22 | いろいろ

「天使と悪魔」

「天使と悪魔(上下)」ダン・ブラウン

大ヒット作「ダビンチコード」の前編に当たります。
私がこれを読んだのが2月でした。
その前の夏にイタリア旅行にいったばかりだったので、
バチカンを始めとするローマの町を舞台にした作品にワクワクしました。

この本と「ダビンチコード」を読んで、
イタリアに行って色々な教会美術を見てきて、
やはり絵画や彫刻といった美術は、その背景を知っていた方が
より深く味わえるのだな~と思いました。

一応、キリスト教系の幼稚園出身ですが(幼稚園だけでしたから)
ほとんどキリスト教の知識なしの身では、
せっかくのバチカンやらフィレンツェやらの芸術作品を見ても
その深さまでは分からないな~と。
一枚の絵画に、1体の彫像にこんなに深い意味が込められているのかと
しみじみ思ってみた本でした。
[PR]
by monnana2003 | 2005-06-15 22:48 | 今日の読書